カードローン比較

学生でもお金を借りることはできますか?

学生でもカードローンを利用して、お金を借りることができます。カードローンを利用してお金を借りるには、条件があります。

 

20歳以上で毎月一定した収入があれば、カードローンを利用できるのです。もちろん、学生の方はアルバイトの収入でOKです。

 

学生の方でも利用できるおすすめのカードローンを紹介させていただきます!

 

学生にお勧めのカードローン!

プロミスの特徴

プロミスは、多くの方に利用されているカードローンです。最近では、郵送物なし・カードレスで利用できるWEB完結も利用できるようになりました。

プロミスは、実質年率や借入限度額も高スペックなので、人気ナンバー1なのは、納得できるカードローンです!

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 1〜500万円
評価 評価5
プロミスの総評

プロミスには、30日間無利息サービスがあります。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録された方が対象)

初めてプロミスを利用する方は、このサービスを利用すれば、30日もの間、無利息でお金を借りることができますよ。

平日14時までに契約を完了させれば、即日融資(最短1時間融資)も可能になります。

アコムの特徴

アコムは、カードローンの申込をした時の審査回答が30分と速いのが特徴です。借入可能かすぐに診断をしてくれる「3秒診断」もあります。

審査回答が早く、即日融資も可能になっているため、すぐにお金を借りたい方にはオススメのカードローンです。

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 1万円〜800万円
評価 評価4
アコムの総評

アコムを初めて利用する方は、30日間金利0円サービスを利用することができます。短期間の借入なら、金利を支払うことなく借りることも可能です。

また、支払い利息は、日数計算式になっています。使用した日数分だけを支払えば良いので、早く返済すれば少ない金利で済みます。ネットやATMを利用すれば、24時間借入・返済が可能です。

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクの特徴

新生銀行カードローン レイクの特徴は、「30日無利息」と「180日間無利息」の無利息サービスを利用することができるところです。

この無利息サービスは、レイクを初めて利用する方を対象にしているサービスですので、申込前には公式サイトで詳細を確認してください。

実質年率 4.5%〜18.0%
借入限度額 1万円〜500万円
評価 評価4
新生銀行カードローンレイクの総評

新生銀行カードローン レイクは、2種類の無利息サービスを選ぶことができるため、返済計画を立てやすくなっています。また、ゆうちょATMやコンビニATMでは、ATM手数料無料で利用することができます。

※レイクは、2018年4月より新規申し込みの受付を停止しています。記載している内容は、2017年3月14日時点での情報です。

SMBCモビットの特徴

モビットは、顧客満足度の高いカードローン調査で1位を獲得しました。モビットの人気の秘密は、パソコン・スマホから利用できる「WEB完結」です。

WEB完結を利用すれば、家族にバレずにお金を借りることができるため、多くの方が利用しているカードローンです。

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 1〜800万円
評価 評価4
SMBCモビットの総評

モビットは、他のカードローンと比較すると、金利が低く設定されていますし、借入限度額も800万円と大きくなっています。

最近、新しいサービスとして、スマホでアプリで表示されるQRコードを利用した「スマホでキャッシング」がスタートしました。このサービスは、操作が簡単なので、今まで以上に借りやすくなりました。アルバイト・パート、学生の方は、安定した収入が必要です。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

アイフル

アイフルの特徴

アイフルを初めて利用する方は、最大30日間利息0円サービスがあります。短期間だけ借入を考えている方には、とてもお得で嬉しいサービスですね。

アイフルへの申込は、簡単な4ステップですることが可能です。もちろん、即日融資にも対応しているカードローンです。

実質年率 4.5〜18.0%
借入限度額 1万円〜500万円
評価 評価4
アイフルの総評

アイフルには、「配達時間えらべーる」というサービスがあります。配達時間を指定することができるので、家族に内緒でカードローンを利用している場合には、誰にも知られずにカードを受け取ることが可能です。自宅以外でカードを受け取ることも可能です。

アイフルには、「かりかえMAX」「おまとめMAX」などいろいろなローンがあります。

 

知っておきたい!学生がカードローンを利用する場合の豆知識

 

 

学生でもカードローンを利用することは可能?

学生でも利用できるカードローンあるのでしょうか。当サイト・カードローン比較GOGO!で紹介しているカードローンは、すべて学生の方でも利用できるカードローンです。

 

カードローンの利用条件として、「学生は利用できない」と決められているものはありません。カードローンの申し込み条件としては、年齢と収入が基準になっているのです。

 

学生の場合、20歳以上の学生であれば申し込みをすることが可能です。収入の条件としては、継続した一定の収入があることがカードローンを利用する条件になっています。

 

学生の場合は、当然、就職をしていないので、収入はアルバイトでの収入になります。もちろん、アルバイトの収入でも、毎月継続した一定の収入があれば、カードローンの審査を通ることができます。

 

学生であるからといって借りれないということはありません。この2つの条件に当てはまっていれば、カードローンを利用することができるのです。

 

カードローンを利用できない学生がいるって本当?

すべての学生がカードローン利用できるというわけではありません。

 

これは年齢要件が関係してくるからです。カードローンの申し込みができるのは、20歳以上の方のみです。

 

大学生であっても、18歳や19歳の大学生は申し込みができず、20歳以上の学生なら申し込みができるということになります。

 

また、働いていないため収入のない大学生もカードローンの申し込みをすることができません。

 

学生とは、大学生だけを指すのではなく、大学院生や専門学校に通っている学生であっても、この条件に当てはまれば、カードローンの申し込みは出来るのです。

 

学生ローンって何ですか?

学生専門の学生ローンと言うものがあります。

 

学生ローンは、利用を学生だけに制限されたカードローンです。学生専用の学生ローンの場合には、通常のカードローンよりも審査の際に学生ということを考慮してもらい、収入が低くても借りやすくなっているところが多くあります。

 

ただし、その分借入限度額の設定が低くなっているところが多くあります。

 

カードローンの場合は、借入限度額が500万円や800万円などと、大口融資にも対応している額になっているのです。学生ローンの場合は、10万円や30万円など借入限度額を小さくしてるところが多いのです

 

金額は小さくなっているのですが、利用しやすいという側面もあるので学生ローンに申し込みをしてみるのもいいかもしれません。

 

ただし、大手のカードローンのように全国に利用できるATMがあったり、コンビニATMを使えるというような便利さはありません。

 

返済の場合は、現金を店舗に持って行ったり、銀行振り込みをするなど少し面倒な部分があるのは事実です。

 

通常のカードローンの審査が通るのであれば、そちらの方がメリットが大きいですよ。

 

Q&A

カードローン利用したら、親に連絡が行きますか?

カードローンの申込の時に、親の連絡先を確認される場合があります。これは、返済が滞った時に連絡を取るために聞いているものです。

 

カードローンを利用したからといって、すぐに親に連絡が行くというわけではありません。

 

お金を借りていることが、就職活動に影響がありますか?

これは全く心配する必要がありません。まずカードローンを利用しているという情報が出回ることは、ありません。

 

お金を借りているということも、個人情報になるので、このようなことが知られてしまうと個人情報の漏えいになります。

 

お勧めコンテンツ