カードローン比較

中小企業経営者でもお金を借りることはできますか?

中小企業経営者がお金を借りる場合には、いろいろな方法があります。会社としてお金を借りる場合には、銀行融資やビジネスローンを利用する方法があります。

 

どうしてもすぐにお金が必要な場合には、経営者自身がカードローンを利用して、お金を借りる方法があります。その場合にお勧めは銀行のカードローンです。

 

中小企業経営者にオススメのカードローンを紹介します。

 

中小企業経営者にお勧めのカードローン!


 三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイック

三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイックの特徴

三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイックでは、ATMコーナーなどに設置されているテレビ窓口を利用することができます。

土曜日・日曜日・祝日や平日の営業時間外でも、カードローンの申し込みを行い、その場でカードを受け取ることができます。

実質年率 1.8%〜14.6%
借入限度額 1万円〜500万円
評価 評価4
三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイックの総評

テレビ窓口は、運転免許証を準備して行くだけで、申込ができます。銀行のカードローンなので、低金利で大口融資が可能です。

三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイックの借入や返済は、全国にある三菱東京UFJ銀行のATMか提携のコンビニATMを利用することで、手数料無料です


 三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの特徴

三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行に口座があれば、WEB上で契約を完了させることができる「WEB完結」サービスを利用できます。

また、三井住友銀行カードローンは、返済日を4種類の中から自由に設定することが可能です。自分のライフプランに合わせて返済日を決定できます。

実質年率 4.0%〜14.5%
借入限度額 1万円〜800万円
評価 評価4
三井住友銀行カードローンの総評

三井住友銀行カードローンは、銀行のカードローンですので、低金利での大口融資が可能になっています。三井住友銀行カードローンでは、手持ちのお金に余裕がある場合には、何円からでも繰り上げ返済をすることも可能です。

毎月少しずつでも繰り上げ返済をすれば、トータルの返済利息を減らすことができるので、積極的に活用したいものですね。


 みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンの特徴

みずほ銀行カードローンは、エグゼクティブプランとコンフォートプランの2種類です。エグゼクティブプランは、審査基準が非常に高くなっています。

一般的に利用できるのはコンフォートプランになります。みずほ銀行カードローンを利用すると金利を0.5%引き下げてくれます。

実質年率 3.5%〜14.0%
借入限度額 最高1,000万円
評価 評価4

※コンフォートプランの場合

みずほ銀行カードローンの総評

みずほ銀行カードローンは、普通預金のキャッシュカードを持っていれば、今持っているキャッシュカードをカードローンのカードとして利用することができる便利なサービスがあります。

みずほ銀行カードローンは、銀行のカードローンだけあって最低利用限度額が1,000万円と高額になっていますので、大口融資も可能です。WEB完結申込なら24時間申込が可能です。

 

知っておきたい!中小企業経営者がお金を借りる時の豆知識!

 

企業として借りる?個人として借りる?

経営者の重要な業務のひとつに資金繰りがあります。

 

事業自体が上手くいっていても、お金がうまく回ってない場合には、黒字倒産の可能性も出てしまいます。

 

急にお金が必要になった場合には、何とかしてお金を準備しないといけません。

 

中小企業経営者の場合、お金を借りるなら、最も低金利で借りることができるのは、銀行の融資です。

 

しかし、銀行の融資の場合には、審査が厳しく、実際に融資を得るまでには、相当な時間がかかってしまう場合もあります。

 

また、待たされたあげく、結局、融資をしてもらうことができない場合もあります。

 

少しでも早く資金を準備するには、2つの方法があります。

 

ひとつは、ビジネスローンを使ってお金を借りる方法。もうひとつの方法は、経営者個人の与信を使ってカードローンを利用するという方法です。

 

どちらの場合も、担保も保証人も必要なく利用することができます。

 

急いでいる時には、その日のうちにお金を借りることができます。中小企業経営者が少しでも早く資金を得るために最適な方法であるビジネスローンとカードローンについて特徴を見ていきたいと思います。

 

ビジネスローンの特徴

ビジネスローンは中小企業や個人事業者向けのローンのです。銀行の融資と比べた場合には、借入限度額が低めに設定されている場合が多く、少し金利が高いというデメリットはあります。

 

しかし、銀行よりもビジネスローンの方が対応が早く、即日融資が可能なビジネスローンもあります。

 

また、銀行融資に比べると審査に通る可能性は高く、担保や保証人も不要です。ちなみにビジネスローンは総量規制の対象外になっています。

 

ビジネスローンの申し込みをする際には、「申込者を確認する書類」と「事業の状況を示す書類」が必要になります。

 

申込書を確認する書類としては、本人確認書類と収入証明書です。会社の事業の状況を示す書類としては、登記簿謄本、決算書、事業計画書などが必要になります。

 

ビジネスローンの場合、個人で契約するカードローンとは異なり、会社の状況を示す書類を準備し提出しないといけません。この部分がカードローンよりも手間のかかる部分ではあります。

 

個人で借りるなら、銀行のカードローン!

経営者が個人の借入としてカードローンを利用する場合には、銀行のカードローンがおすすめです。

 

消費者金融系のカードローンよりも、銀行のカードローンの方が借り入れ限度額が高く、金利が低い傾向にあるからです。

 

即日融資に対応しているカードローンを多く資金調達の方法としては、スピードと利便性に関してはナンバーワンの方法だと言えます。

 

銀行のカードローンの中でおすすめのカードローンはこちらです。

 

銀行のカードローンに申し込む場合の審査基準は、経営者本人の信用情報が調査されます。信用情報の中には、最近の個人としての借入状況や返済状況ローンの残高などにより判断されます。

 

経営者本人が過去に金融事故があったり、返済が滞っているような経験がある場合には、カードローンの審査に通らない場合も考えられます。クレジットカードの支払い状況なども金融情報として共有されています。

 

もし、現在、会社で取引のある銀行があれば、その銀行のカードローンを申し込むのが良いでしょう。取引実績を考慮してもらえる場合もあります。

 

お勧めコンテンツ