カードローン比較

個人事業主でもお金を借りることはできますか?

個人事業主がお金を借りる方法はいくつかあります。

 

お金を借りる方法としては、銀行からの融資、日本金融政策公庫からの融資、ビジネスローン、カードローンなどです。

 

この4つの方法を比較して、解説をします。

 

知っておきたい!個人事業主がカードローンを利用する場合の豆知識!

 

 

個人事業主が銀行融資を受ける場合

一番低金利で借りることができるのは、銀行からの融資です。ただ、銀行からの融資を受ける場合には 、色々と提出する書類が多く、手続きが煩雑になってしまします。

 

また、実際に融資を受けるまでには非常に時間がかかるのです。これは銀行内部の審査が何段階にも行われるため、待つしか仕方がないのです。

 

最悪の場合、何ヶ月も審査の回答を待たされた結果、結局は融資をしてもらえないということもあるのです。

 

銀行融資を受ける場合には、資金繰りに困ってから受けるのでは遅すぎます。計画的に資金繰りを考え、予め足りないと思われる部分を銀行融資として補う方法が一番適している方法です。

 

日本政策金融公庫の特徴

日本政策金融公庫を利用するという方法もあります。日本政策金融公庫は、国が設立した金融機関で個人事業主・中小企業などに融資をすることを目的としています。

 

日本政策金融公庫からお金を借りる場合、インターネットから申し込みができ、担保なしでも利用することが可能です。

 

また、金利も非常に低金利で借りることができます。国の機関と聞くと審査が面倒で審査時間が長いような気がするかもしれませんが、銀行よりもスピーディーに対応してもらえます。

 

資金が必要になった場合には、日本政策金融公庫を利用するというのも有効な手段ではあります。

 

ビジネスローンの特徴

どうしてもすぐにお金が必要な場合は、ビジネスローンか個人の与信を利用してカードローンを申し込む必要があります。

 

ビジネスローン場合には、審査回答までの時間が短く、最短の場合には、即日融資も可能になっています。

 

また、担保や保証人も不要で総量規制の対象外になっていますので、経費として計上することも可能になります。 審査も銀行融資よりは、通りやすくなっています。

 

ただし、低金利で借りる日本政策金融公庫の金利と比較するとビジネスローンの金利は少し高くなってしまいます。

 

どうしてもすぐにお金が必要な場合には、まずはビジネスローンを検討して、その後で日本政策金融公庫や銀行からの借入を行い、先にビジネスローンの部分を返済してしまうというような方法をとることも可能です。

 

急いでいるなら、カードローンで借りる方法も!

個人事業主が事業主ではなく、個人としてお金を借りるならカードローンが一番スピーディーで手軽に借りることができます。

 

カードローンもビジネスローンと同じく即日融資が可能になっています。審査回答は、最短30分のカードローンもあります。

 

スピードで比べるなら、カードローンが一番早いのです。ただし、金利は銀行融資・日本政策金融公庫・ビジネスローンと比べると、一番高くなってしまいます。

 

また、カードローンのなかでも消費者金融系のカードローンは、借入限度額が低いという弱点があります。スピーディーに大口融資を希望する場合には、銀行のカードローンを利用する方が良いでしょう。

 

個人事業主にお勧めのカードローン!


 三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイック

三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイックの特徴

三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイックでは、ATMコーナーなどに設置されているテレビ窓口を利用することができます。

土曜日・日曜日・祝日や平日の営業時間外でも、カードローンの申し込みを行い、その場でカードを受け取ることができます。

実質年率 1.8%〜14.6%
借入限度額 1万円〜500万円
評価 評価4
三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイックの総評

テレビ窓口は、運転免許証を準備して行くだけで、申込ができます。銀行のカードローンなので、低金利で大口融資が可能です。

三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイックの借入や返済は、全国にある三菱東京UFJ銀行のATMか提携のコンビニATMを利用することで、手数料無料です


 三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの特徴

三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行に口座があれば、WEB上で契約を完了させることができる「WEB完結」サービスを利用できます。

また、三井住友銀行カードローンは、返済日を4種類の中から自由に設定することが可能です。自分のライフプランに合わせて返済日を決定できます。

実質年率 4.0%〜14.5%
借入限度額 1万円〜800万円
評価 評価4
三井住友銀行カードローンの総評

三井住友銀行カードローンは、銀行のカードローンですので、低金利での大口融資が可能になっています。三井住友銀行カードローンでは、手持ちのお金に余裕がある場合には、何円からでも繰り上げ返済をすることも可能です。

毎月少しずつでも繰り上げ返済をすれば、トータルの返済利息を減らすことができるので、積極的に活用したいものですね。


 みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンの特徴

みずほ銀行カードローンは、エグゼクティブプランとコンフォートプランの2種類です。エグゼクティブプランは、審査基準が非常に高くなっています。

一般的に利用できるのはコンフォートプランになります。みずほ銀行カードローンを利用すると金利を0.5%引き下げてくれます。

実質年率 3.5%〜14.0%
借入限度額 最高1,000万円
評価 評価4

※コンフォートプランの場合

みずほ銀行カードローンの総評

みずほ銀行カードローンは、普通預金のキャッシュカードを持っていれば、今持っているキャッシュカードをカードローンのカードとして利用することができる便利なサービスがあります。

みずほ銀行カードローンは、銀行のカードローンだけあって最低利用限度額が1,000万円と高額になっていますので、大口融資も可能です。WEB完結申込なら24時間申込が可能です。

 

お勧めコンテンツ