カードローン比較

総量規制について知っておこう!

総量規制とは、カードローン利用者が借り過ぎないために作られた法律です。2010年の貸金業法の改正の時に追加されました。

 

総量規制対象のカードローンに関しては、年収の3分の1以上の額を借りることができなくなりました。全てのカードローンは総量規制の対象になっているわけではなく、 総量規制対象のカードローンと総量規制対象外のカードローンがあります。

 

初めて聞いたという方も多いと思われる総量規制について詳しく説明します。

 

総量規制を理解して、上手く活用する3つのポイント!

 

 

総量規制とは?

総量規制というのは、2010年の貸金業法改正により、消費者金融の貸付できる金額の上限が年収の1/3までと定められたことを言います。

 

例えば、年収600万円の人がカードローン利用する場合には、カードローンが利用できる条件は200万円ということになります。

 

これはカードローン会社での上限ではなく、複数のカードローン会社を合わせた額が200万円ということになります。

 

ですから、今、A社で100万円、B社で50万円、借りている場合には、借りることができる残額としては、50万円ということになります。

 

総量規制対象外のカードローン?

この総量規制は、消費者金融、クレジット会社、信販会社が貸付をする際に適用されます。総量規制は、貸金業法の規制の為、貸金業法の対象となっている金融業者に定められたルールになるのです。

 

銀行の場合は、銀行法が別に設定されていますので、この総量規制の対象にはなりません。ですから、銀行のカードローンの場合には、貸付金額の上限が3分の1ということはならないのです。

 

このサイトで紹介しているカードローンのなかで、総量規制の対象になるのが消費者金融のカードローンです。

 

銀行のカードローンの場合には、総量規制の対象にはなっていません。ただし、総量規制の対象になってないからと言って、上限なく借りることができるわけではありません。

 

その人の返済能力を審査して、貸し出し金額を設定しているため、総量規制の対象がでは無いからと言って、大きな金額を借りることができるということではありません。

 

どのカードローンを選べばいいの?

消費者金融のカードローンと銀行のカードローンの場合、総量規制の点で違いが出てきます。ただし、それ以外でも審査に関しては、消費者金融系のカードローンよりも銀行のカードローンの方が厳しくなっています。

 

金利に関しては、銀行のカードローンの方が低くなっています。

 

少し厳しくなっている審査に通ることができるのであれば、銀行のカードローンの方が総量規制の対象にもなっていないですし、低金利で借りることができるのでオススメです。

 

ただし、急いでいる場合には、借りることができるまでのスピードが圧倒的に早いのは、消費者金融のカードローンです。

 

もし、どうしても今日中にお金が必要だとか、今週中にはお金を借りたいというような期限が迫っている場合には、消費者金融のカードローンの方がおすすめです。

 

あなたが今どのような点を重要視しているのかで、消費者金融のカードローンと銀行のカードローンのどちらが良いのかが変わってくるわけです。

 

お勧めのカードローンはプロミス!

プロミスの特徴

プロミスは、多くの方に利用されているカードローンです。最近では、郵送物なし・カードレスで利用できるWEB完結も利用できるようになりました。

プロミスは、実質年率や借入限度額も高スペックなので、人気ナンバー1なのは、納得できるカードローンです!

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 1〜500万円
評価 評価5
プロミスの総評

プロミスには、30日間無利息サービスがあります。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録された方が対象)

初めてプロミスを利用する方は、このサービスを利用すれば、30日もの間、無利息でお金を借りることができますよ。

平日14時までに契約を完了させれば、即日融資(最短1時間融資)も可能になります。

 

≫ 人気のカードローンランキングを確認!